体験談12

別れの宣告から一転、霊視鑑定後に彼と復縁することが出来ました。

いずみ霊能者
別れを告げた彼の本心

その時私は絶望の縁にいました。もう私は34歳。あと数ヶ月でアラフォーの仲間入りなんです。自分では結婚直前だと思っていた彼にある日、仕事帰りに呼び出され、告げられた言葉はなんと「別れよう」…。どうして!?ついこないだまで具体的な結婚の話までしてたじゃない…私の目の前は真っ暗になりました。ちょうど付き合って5年目の日だったので、「もしかしてプロポーズかも…」なんて浮かれていた自分が馬鹿みたいでした。幸せな想像から一気に絶望のどん底へ突き落とされたのです。

その後はどうやって家に帰ったのかも分かりません。もう頭がぼーっとしてしまって仕事も手につかず、ミスを繰り返しては怒られる毎日。でも自分ではどうにもできないんです。何も気力が湧かなくて、何もしたくない…。

見かねた母が、誰かに相談してみたら、と私にアドバイスしてきました。でもこんなこと誰にも相談したくないし、そんなことをしたとしてもこの問題は解決できるわけがない、そう思って母の言葉に耳を貸さなかったんです。でも電話占いなら、なんでも相談できそうな気がして、一番インスピレーションに訴えてきた、電話占い「もえさが」を利用しました。そこで相談したのは、いずみ先生。お声から察するに、母と同年代ぐらいの、おおらかな雰囲気を受ける女性でした。

いずみ先生から一番初めに投げかけられた言葉は、「あなた死んでしまいたいのね。でも死んでしまいたい日もあれば生きているのが楽しいって思った日もあるはず。明日がそうなるように一緒に努力してみませんか?」って…。死んでしまいたいって言葉、すごくはっきり言われて内心ギクッとしました。でも、そう言葉にしてはっきりと言われると、確かに自分では死んでしまいたいと思っていたはずなのに、それが凄く怖くなってしまったんです。きっと先生にはその高い霊能力で、私の、本当は望みを持って生きていきたいという気持ちがわかっていたに違いありません。

その導入部分ですっかり心奪われてしまった私は、ゆっくりとした口調で話す先生のアドバイスに耳を傾けることができました。先生の霊視によると、彼の気持ちにはまだ私への愛があると言うのです。そして、彼が別れようと言った言葉の裏には、彼が家族問題で悩み、実際に結婚という段になった時、その悩みで私に負担をかけたくないと思っての言葉だったということもいずみ先生から聞きました。

それを聞いて、次の日、思い切って彼に連絡を取り、会う約束をしました。実際に話を聞いてみると、彼の心や家族問題のことなど、本当にいずみ先生の言う通りだったんです。私は彼に、その悩みを一緒に背負って生きたいと告げました。すると、普段はとても気丈な彼が、涙ぐみながら改めて私にプロポーズしてくれたんです。思わず私も泣いてしまいました。でも、先生に言われて家族問題の事が分かるなど、私なりに彼のことを理解していたつもりだけど、努力を足りなかったんだと反省するきっかけにもなりました。

これからもっと彼のこと大事にして、理解し合える関係を築いていきたいと思っています。先生の霊能力による縁結び祈願術、本当にすごいです。次はぜひ彼の家族問題のことも先生に相談したいと思っていますのでよろしくお願いします。

大阪府大阪市 小原朋子さん 会社員

いずみ霊能者

いずみ霊能者

霊波動を遠隔から注入。片想いの愛を相思相愛へと変える

片想いを両想いにしたい…!どうしても告白できずに長い期間を過ごされた方も、今からでも遅くはありません、ぜひ私にご相談下さい。彼の本心、貴女への想いを霊視によって読み取り、同時に貴女の熱い想いも彼に届けます。彼からの告白を聞きたい方はぜひ!

ページトップへ戻る